共有者全員の同意が必須

共有名義の土地を売却しようと考えている方が結構いるかと思われます。
単独名義と比べて、共有名義はトラブルになることが多いです。
その理由は共有名義の不動産は共有者全員の同意が必要になるからです。
処分や改良、使用などがあり、売却は処分行為に該当します。処分は不動産の売却の他に、抵当権の設定や賃貸者契約の締結もあります。
改良はリフォームやリノベーションで、使用は共有している不動産に居住したり、実際に使用することです。
改良は持分割合の過半数の同意が必要で、一人の持分価格が大きければ、一人の意見で決めることができるケースもあります。
使用は共有不動産全体の使用が可能です。したがって、共有名義の土地を売却するのは簡単でないことが分かるはずです。
勝手に決めてしまえば、その売却が無効になって取引相手に損害賠償を支払わなければいけなくなることもあるため、正しい知識を持つことはかなり大事です。

単独名義は一人の意見で決めることが可能


単独名義は同意を貰わなければいけない人がいないので、スムーズに進めることができます。
共有名義の土地を売却する場合は、専門的な知識を必要とする場面がたくさんあるので、弁護士などに依頼することが必要です。
不動産会社だけでは対応することができない問題が出てきます。
自分でも対処できるかもしれませんが、安心して売却をするために優秀な弁護士に依頼してください。
弁護士であれば誰でもいいわけではなく、不動産問題を得意としている人に依頼することも重要なポイントです。
全ての分野に精通しているわけではなく、得意分野と不得意分野が存在しています。
不動産に関した知識や経験が不十分な弁護士に依頼した場合、上手く解決できなかったり、トラブルが生じてしまうことが考えられます。
比較する際は、実際に利用した人の意見も参考にするべきです。コミュニケーションの取りやすさなど、利用してみないと分からない情報が得られます。

まとめ

共有名義の土地を売却する場合は、共有者全員の同意を得る必要があり、単独名義の土地であれば一人で売却を決めることができる、このくらいの知識は十分に持っておかなければいけません。
同意を得ても行うべきことや専門的な知識が多くあるため、弁護士に依頼することをおすすめします。
不動産問題に強い弁護士であれば、スムーズに手続きを進めてくれます。
不動産会社だけだと対応できないことが少なくないので、気をつけてください。

共有名義の土地と単独名義の土地を売却する時の違いを解説

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。